インターネットのけもの

全て妄想です。

自分になる

インターネットに初めて触れてから、もう10年以上は余裕で経過していますが、その間に成長したことと言えば、「blowjob」だの「swallow」といった、義務教育では教えてくれない類の英単語を使いこなせるようになったくらいしか思いつかなかったため、僕は自…

僕がアルアインを買う101の理由

今週末、12月22日に有馬記念(中山競馬場・芝・2500m)が開催されます。 毎年、年末のこの時期に開催されるこのレースは、競馬ファンからはもちろん、普段は競馬に興味がないという人からの関心も高く、競馬の祭典といわれる東京優駿(日本ダービー)と並ん…

秋山瑞人の源流を探る

僕は秋山瑞人という作家を崇拝していると言っても過言ではないほど耽溺しています。読んでいて気持ちよくなるほどに疾走感に溢れた描写、シンプルながらも緻密に練り上げられたことを感じられるストーリー、どれもが僕の琴線に触れまくり、かれこれ10年以上…

9月15日~16日

どうやら僕にはまともに日記を書く能力が欠如しているようですので、前回の日記では気がつけば指が勝手に訳のわからない文章を綴っていました。今回はまともに書く、書くんだ。 9/15(日) この日から友人5名と共に金沢まで1泊の旅行に行っていました。友人…

9月14日

必死になって思い出そうとしてみたのですが、どうやっても9月上旬の記憶が出てきませんでした。一度どこか大きな病院に行ったほうがいいのかもしれません。そういえば、上司からも一度病院にかかったほうが良いんじゃないかとアドバイスを受けていたことを思…

嫌われる勇気

いつの間にか恐ろしいまでのスピードで9月が過ぎ去ってしまっていたため、唖然とした僕は「まさに、光陰矢の如し、だぜ」と、覚えたての言葉を披露したがる小学生のようなセリフを発することでなんとか心の安寧を図ろうとしたのでした。しかし、そんなセリフ…

3年目の24時間麻雀

たまには普通の日記を書いておこうと思ったので先週末の出来事を綴っておこうと思います。ちなみに普通の日記というものが何なのかは分かりません。 もはや例年の催しとなった24時間麻雀、3年目となる今年もきっちりと24時間テレビの放映にあわせて行われま…

最近読んだ本たち

ただでさえ思いつきでしか更新しないブログなのに、最近は金玉がどうだ、陰毛がどうだ、と知能指数が地面スレスレどころか地中に潜ってしまったような日記しか書いていなかったため、ちょっとここらで知性をアピールする日記を書いてやろうと思います。 とは…

燃えろよ燃えろ

先程、生まれてはじめて自らの陰毛に火をつけるという行為をしてきました。 これが中々に楽しかったので、記録の意味も兼ねて書き残しておこうと思います。 今回とある事情から陰毛を処理する必要に駆られた僕が、どう処理したものかな…?と闇を体現したスチ…

金玉は二度死ぬ

他意は無いのですが、思いついてしまったのでこのタイトルにせざるを得ませんでした。一度頭をよぎってしまうと他のタイトルが思いつかないものです。申し訳ない。小学生並みの貧困な発想しか出来ない僕をどうか許して下さい。 タイトルには「死ぬ」などとい…

「おっさんは二度死ぬ」刊行記念 トークライブ&サイン会 感想

週一で更新するぞ!と心に決めていたはずなのに、気がつくと月一ペースの更新になっていたものですから我ながら自分の怠け者っぷりには唖然とするばかりです。 更新内容も自分の生活を綴るというよりは、ただただ読んだ本の感想を綴るだけになっており、改め…

「猫の地球儀」感想

あれから、七百年と半分が過ぎた。 朧はもちろん猫で、牡で、おいぼれで、最後のスカイウォーカーだった。 書き出しから問答無用で世界観を叩き込まれるこの快感、ここにこそ、秋山瑞人作品の魅力が凝縮されているのではないかと思うのです。 冒頭の一文は「…

世の優しさに触れた

以前より述べさせていただいているように、僕は業務時間中であっても豪胆に居眠りをこける益荒男であったわけですが、どうにも最近はそうも言っていられないような事情に襲われてしまっているのでした。 といいますのも、我が職場でもこの4月に異動というも…

頑張ったアルアイン

2019年3月31日。 2018年度が終わり、翌日には新元号が発表されるという、どこか浮足立ったこの日に、僕は歓喜の中にいました。 我が家では3月31日といえば、母の誕生日のことを指すのですが、僕はそんなことは全く関係なく、実家のある大阪から約500km離れた…

感想いろいろ

最近複数の方から漫画やら実用書やらBlu-ray、果ては官能小説に至るまで様々な物語を頂戴する機会があったのですが、物忘れがひどい僕は、個別に感想を伝える機会を待っているうちに本の内容が忘却の彼方にいってしまう恐れがあったため、ここに記しておくこ…

待ちわびたもの

先週、約6年間待ちわびていたテキストをようやく読むことが出来ました。 小学生の頃に我が家にインターネットがやってきてからというものの、僕はインターネットに夢中になっていたのですが、その中でも特にテキストサイトというものに僕は魅せられました。…

飼っていた鳥が死んだ

昨日、長年飼っていた鳥が死んでしまった。 いつから飼い始めたのか、細かい時期はもう覚えていないけど、たしか小学6年生のときには元気に家の中を飛び回っていた記憶があるので、15年近くは生きていたのだと思う。病気をすることもなく、なんとなくこのま…

眠気の犬

何度も日記に書いているのですが、僕は仕事中であってもこの旺盛な睡眠欲を発揮してしまうタイプの人間ですので、職場でよく寝ているダメなやつ認定されていることは容易に想像がつくのでした。容易に想像がつく、という表現にしましたが、ここしばらくの仕…

コミティア127

今更ながらではありますが、2019/02/17に東京ビックサイトにて開催されたコミティア127で買ってきたもののレビューと言うか備忘録。一回こういうのやってみたかった。ちなみに全て全年齢向けです。同人誌だからといってR-18とかそういうのを期待してた人は速…

日記のひみつ

僕がよく読んでいたテキストサイトには「日常生活が充実しているやつほど日記を書かない」という格言がありました。よくよく考えるとこれは全く道理が通らない話で、日常生活が充実していたほうが話題に事欠かず、日記に認めようと思えるような出来事も多い…

十分に発達したサボりは仕事と見分けがつかない

学生というモラトリアム期間を終え、就職してからそろそろ丸二年。春には社会人三年目を迎える僕ですが、流石にこれだけの時間が流れると自分も社会を構成する一員だという自覚が芽生え、日々業務に邁進することに余念がありません。上昇志向の塊とも呼ばれ…

ぼくらのウォーゲーム(斧戦争)

古いHDDを整理していたところ、中高生の時に集めたであろう画像が山のように出てきました。当時の僕は何に狂っていたのか、あらゆる画像ファイルを次から次へと収集するという、今にして思えば何故そのようなことを…?と後悔しか湧いてこないような行為に心…

2018年G1観戦記

僕は普段から「ギャンブルとしての競馬が好きなんじゃない!興行としての競馬が好きなんだ!」と熱弁を奮っているのですが、そんなことを言ったところで周囲の反応としては「結局お金が欲しいんでしょ?」「そんなこと言っても馬券買うんでしょ?」「そもそ…

孫の顔が見てみたい

我が家は一家団欒を旨として暮らしていますので、幼い頃からずっと夕食は家族揃ってとることにしているのですが、子供たちが皆成人を迎えてからはそれもなかなかに難しいもの。最近では常に誰かが欠けている有様でしたが、たまに全員が揃ったときなんかにはT…

2019年の幕開け

ちょっと自分でもびっくりするくらいに年末年始は遊び呆けていたので、日記を書く時間は1ミリたりとも存在していなかったのでした。具体的には10連休中9日間は全く家にいなかったため、僕は自分のアクティブさに驚きすぎたあまり、腰をやってしまったのでし…

「ロリータ」感想

普段は漫画ばかり、時には小説と言い張りながらライトノベルばかり読んでいる僕ではありますが、たまには一般文芸なんかも読んだりするわけです。一般文芸とライトノベルの違いって何だよって思われるようなめんどくさいタイプの方もおられるかもしれません…

生ハムの楽しみ方

僕はもちろん高貴な人間であるので、最近はもっぱら生ハムを食べあさる毎日になってしまっているのでした。高貴であることと生ハムとに一体何の関係性があるのかは僕も分かりませんが、とにかく生ハムにハマっているのです。その生ハムの美味さといったら、…

芸術の秋がやってきた

秋に入ってからというものの、どうせ毎日家でやることもないのだから、最低でも週一回は更新しよう、下手くそな文章しか書けないからいっぱい書いて練習しようと思っていたはずなのですが、蓋を開けてみると最低週一回というよりはなんとかギリギリ週一回と…

前向きな気持ちにはなれた

TVにはよく見知った場所が映し出されていた。 湾岸部に建設されていくそれは、埋め立てを進めながら前回見たときよりもかなり拡張されていた。数年後に控えたイベントで使用されるらしいが詳細はよく知らない。建設は急ピッチで進められており、今では人員と…

咳の地獄に囚われている

先週から予感はありました。 なんか頭がボーッとするし、体の動きも普段の僕からは想像もつかないほど緩慢にになってましたからね。仕事も手につかなくなってしまっていましたが、まあこれはいつものことでした。ですが、確かに体調はよろしくない。どうやら…